ZekkaTakarazuka/Hyogo

宝塚の家|atelier thu | 兵庫、神戸の建築設計事務所

宝塚の家






所 在 地兵庫/ 宝塚
用途専用住宅
規模2階建て
敷地面積309.52㎥
延床面積209.61㎥

敷地は宝塚市街地から西、六甲山系の東端の山麓部にあたる高台に位置する場所である。西側には六甲山、東側には大阪平野、奈良の生駒山地までもが一望できる。
敷地地盤は前面道路から1.2m程上がっており、そのレベル差を生かしたプランと、眺望をどのように室内に取り入れるかということが求められた。

近隣の街並みから大阪南部まで地続きに広がっていく街の風景をより身近に感じ取れる様に道路側へLDKを配置することを考えた。テラスの手摺壁は道行く人と視線が合わない高さまで低く抑えることで、LDKからパノラマで見える風景を遮らないようにしている。ソファに腰掛けると右手に六甲山、左手に大阪平野へと両方の風景を望める場所となった。

この家は敷地内の高低差を利用し、階段を境に2つのボリュームをスキップさせた1階・1.5階・2階・2.5階の4層から成る。LDKに面した2.5階の寝室、和室からも屋内窓を介して東の風景を望むことができる。各部屋は壁で区切られているものの、スキップフロアとすることで、上下階の距離感が近く感じられ、まるで平屋のような家のどこにいても家族の気配が感じ取れる空間となっている。

敷地の間口いっぱいに建つ家だが、水平ラインを生む深い軒と跳ね出したテラスの壁により外観に陰影が生まれ、周囲の建物より高さを抑えることで圧迫感のない落ち着いた佇まいとなった。

 

 

 

©平野和司

 

 

 

 

 

©上田哲史